人気ブログランキング |

A craze for Enid Collins

<   2011年 08月 ( 15 )   > この月の画像一覧




出品しました

こんばんは~^^


ようやく,先ほど,先日お知らせした「ヤフオク出品予定」のバッグの半分ほどの出品を終えました。
アップした途端に,2点(白×緑の「No title」のバッグと,「Patriotic Posies」)が即落されて,びっくりでした・・・005.gif

明日は残りのバッグ(ウッドバッグと大きいキャンバスバッグ)を出品しますので,ご興味のある方は見ていただけますと幸いです。
「Enid collins」「エニッド コリンズ」「コリンズ バッグ」などで検索していただければ,ヒットすると思います。

今日は本当は,記事のアップもしたいと思っていたのですが,1日中出品作業をして疲れてしまいました・・・すみません(><)

明日こそはできるように頑張りますねっ!001.gif



by kamakurabudda | 2011-08-31 23:28 | ご挨拶・お知らせ

京阪ヴィンテージショップめぐり

所用で久しぶりに関西に来たので,大阪・京都のヴィンテージショップをぶらぶらしてきました~^^

大阪でのお目当ては,コメントを寄せてくださったRinさんご推薦の“lilasays”さん!
大阪はこれまで,梅田阪急や阪神百貨店に寄る他は乗換えくらいしかしたことがなかったので,結構ドキドキしながら(笑)大阪駅周辺を抜け,お店へ。

HPを見て素敵な感じだな~と思っていましたが,本当に素敵なお店でした♪

今現在お店にあるコリンズバッグは1点だけだったんですが,コーディネートが好み053.gif
トラッドっぽい服にソフトタイプの70年代コリンズのコーディネート♪
いくら好きでも,もって歩く場合にはキホン,コリンズバッグだけが目立つコーディネートは好きではないので,お店のディスプレイ,本当によかったです^^

ブローチで1つ,すごーく気になったのがあったのに買わないで出てきちゃって・・・
買わなかったことを,今,猛烈に後悔中です007.gif


お次は,京都へ。
京都へ来ると,いつも三条周辺のビンテージショップをハシゴするんですが,いざ今回も。

やはり,教えていただいたリヴァリーさんからスタートしました!
お店にはコリンズバッグも3,4点あったのに,こちらでは服に夢中に・・・^^;;

どちらもまた行ってみたいと思う本当に素敵なヴィンテージショップで,
素敵な情報を,本当にありがとうございました♪♪♪


その後,以前オークションで手放したバッグの行方を探しがてら別のショップに移動。
まだ二点,ありましたぁ~!!

いやあ・・・なんか他人の手で売られているのを見るのは,不思議ですね。
素敵にディスプレーされているのはとても嬉しいかったのですが,
とにかく,値段設定が(驚くくらい!)高くて高くて・・・

お高い子たちになっていました^^;;
なので,早く次の持ち主が決まるといいね・・・とひたすら願掛けして帰ってきました(笑)


今回の心残りは,神戸のお店に寄る時間がなかったこと。

ただ,お店めぐりはできなかったんですけど,明石駅のホームで50才前後くらいの奥様から
「かわいいバッグ~!!!」と突然声をかけられちゃいましたよ~!!!
東京では,あまりないことだったので,なんかとても嬉しかったです012.gif


今回,お供してもらったのはこのバッグ。『Owl + Pussycat』
携帯で撮ったので少しピンボケしていますが・・・;;
d0233898_2341821.jpg
d0233898_2344872.jpg
d0233898_2351375.jpg

ふた部分,使用感(ヴィンテージ感(笑))たっぷりなんですが,それは味として・・・



by kamakurabudda | 2011-08-28 23:21 | 情報(メンテナンス・パーツ他)

オークション出品します (2)

ようやく,オークションに出品するバッグを決めました~!

多少,増減するかもしれませんが,来週のはじめには以下のバッグをヤフオクに出品したいと思っています☆
まだちゃんとは決めてないのですが,スタート価格は3000円~15000円くらい,10000円前後のスタートが中心になるかなぁ・・・と考えています。

なお,ヤフオクのオークションIDや出品についての私の考えなどは,“オークションに出品します(1)”(6月22日記事)をご覧いただけますと幸いです。

下記出品予定のバッグについての質問等は,このブログのコメント欄からでも,出品後のヤフオク質問欄からでも結構ですので,気軽にしてくださいね!!^^
またご希望があれば,他のアングルの写真も掲載しますのでおっしゃってくださいね~!

ちなみに今回はバッグの数があるので,とり立てて気になる箇所がないものについては表面のみの写真にしています。


では,バッグです~!

1 Glitter bugs(1960年代) 比較的レアです。
d0233898_22261630.jpg


2 Pavan3(1965年)
d0233898_22303215.jpg

小さな水色のビーズがいくつかとれています。

3 horseplay(1960年代)
d0233898_22331852.jpg


4 Poki(1960年代)
d0233898_22341954.jpg

向かって左側側面に赤くなっているところがあります。
1箇所,メタルのお花のパーツの真ん中の黒い小さなビーズがとれています。
d0233898_22355588.jpg


5 carriagetrade(1966年)
d0233898_2237655.jpg

写真向かって右側下部に,少しシミがあります。
d0233898_2238314.jpg


6 It grows on trees(1970年代)
d0233898_2242773.jpg

写真向かって左側,茶色のシミがあります。

7 wild fire(1970年代) レアなバッグです。
d0233898_2244022.jpg


8 No title(1970年代)
d0233898_2245237.jpg

d0233898_22452369.jpg


9 Pavan(1966年)
d0233898_22471692.jpg


10 Say it with flowers(1970年代) レアなバッグです。
d0233898_22483164.jpg

裏面,傷・汚れあります。
d0233898_22494359.jpg


11 flower basket(1960年代)
d0233898_22513369.jpg

裏面までデコレーションされています。
また,向かって右側下部,小さな緑のビーズが1つとれています。
d0233898_22524525.jpg


12 Cock o'the walk(1970年代) 比較的レアです。
d0233898_22535364.jpg


13 Patriotic posies(1970年代?) レアなバッグです。
d0233898_2255462.jpg


14 4seasons(1960年代) 比較的レアです。
d0233898_22583823.jpg

裏面にも,秋の葉っぱが・・・
d0233898_22592950.jpg


以上を予定しています^^

また,以前から出品している以下のバッグも,ほんの少しですがスタート価格を低くして再出品します! 
d0233898_2334155.jpg

d0233898_2342483.jpg

d0233898_2351856.jpg




by kamakurabudda | 2011-08-26 23:20 | ご挨拶・お知らせ

蝶のバッグ その1 ~Mariposas, flutter-byes, その他

世界には美しい蝶がたくさんいますが,エニッド・コリンズの蝶も本物の蝶には負けてはいませんよね^^

たとえば,Enid Collinsの代表作の1つのバッグいっぱいに蝶を描いた『flutter-bye』。
ジュエルビーズのデコレーションが活きるデザインだと思います。

そして私も『flutter-bye』はじめ,コリンズの蝶のバッグが大好きです~!!053.gif

そこで今日は,「蝶のバッグ その1」として,『flutter-bye』では(おそらく)ないコリンズの蝶のバッグをいくつかご紹介します!


まずは,『Mariposas』
“Mariposa” とは,スペイン語で「蝶」という意味。これが2匹いるので“Mariposas”になります。
d0233898_23222072.jpg

70年代のバッグらしい,全体的にすっきりした写実的なデザインのバッグ。
d0233898_23241916.jpg

d0233898_23244387.jpg



そして,タイトル表示のない蝶のバッグ。
デザインは『flutter-bye』?という感じですが,『flutter-bye』と呼んでいいのか分かりませんw
d0233898_2329231.jpg

このバッグは小ぶりのタイプで,裏蓋全体に鏡がついたデザインになります。
d0233898_23305270.jpg

それにしてもこの小さなウッドバッグ1つで,ものすごいインパクト!!


それから,『flutter-byes』
“Flutter”とは,“ひらひら舞う”という意味をもち,『flutter-bye』でちょうちょになります。
d0233898_23393966.jpg

このバッグは,4匹の蝶ちょたちの競演です♪
d0233898_2344531.jpg

d0233898_23445391.jpg

大きさもデザインも違う蝶たち。どの蝶がお好みですか?
d0233898_23491368.jpg




by kamakurabudda | 2011-08-25 23:41 | 昆虫 Bugs

馬車のバッグ ~carriage trade

ケーブルカーのバッグと同様,エニッド・コリンズの馬車のバッグは,コリンズ好きの方なら一度は目にされたことのあるモチーフではないでしょうか。

馬車のバッグ――
この『carriage trade』のモチーフには大きく分けて,御者付きの立派な馬車が描かれているものと,シンデレラの挿絵とかに出てきそうな馬車だけのものの2タイプあります。


まずは,御者つきの馬車のタイプの 『carriage trade』
d0233898_19292568.jpg

石畳の上を,身なりのきちんとした御者と馬が規則正しい音を立てながら通り過ぎていく様子が,目に浮かぶようなデザインですよね!
d0233898_19302999.jpg

この角度から見ると,本当に走っていくように見えませんか?(笑)
d0233898_19355787.jpg



次は,基本同じデザインですが,石畳のないモチーフ。
こちらは,ペイントが茶色ベースのグラデーションで,落ち着いた感じがします。
d0233898_1938566.jpg

馬車のデザインが,上の青い馬車と違うのですが,どちらもきれい~!!
d0233898_19415497.jpg



そして,1961年製のとても初期の『carriage trade』。
50年前のバッグとは全く思えない,ほぼ完璧な状態のきれいなウッドバッグです。
d0233898_223751.jpg

それにしても,61年のコリンズバッグは,64~5年以降のコリンズバッグに比べると,ずっと素朴でまだ洗練されていない感じですよね~^^;;(笑)
でも,素朴でシンプルであるが故の温かさや手作り感が感じられるバッグだと思っています♪
d0233898_22173796.jpg



最後は,馬車のみのデザインの『carriage trade』。
d0233898_22203871.jpg

このバッグは,白のアクリルビーズとクリスタルのガラスビーズのみでデコレーションされています。
この白で統一されたバッグはとても美しいんですが,難点は接着剤の変色が目立ちやすいこと(><;;
もちろんまだ変色が起こっていないバッグもあるのですが,こればかりはきっとどうしようもありません・・・
d0233898_22243562.jpg



ところで,『carriage trade』とは,アメリカ英語で「上等の顧客」という意味。
自家用の馬車でお店に乗りつけるお金持ちのお得意様のことを指します。

確かに,どちらのタイプの馬車も,とても立派ですよね~!!005.gif
こんな素敵な馬車でお店に乗りつける人たちを,皆はあこがれて見ていたのかもしれませんね^^

ヴィンテージバッグならではの,夢のあるモチーフだと思います♪



by kamakurabudda | 2011-08-22 22:30 | 乗り物 Vehicles

ニワトリのバッグ その1 ~red rooster, don't count your chickens

Enid Collins の鳥のバッグの中で鳥の種類がわかるもの・・・という限定をすると,
一番数が多いのはおそらく『Roadrunner』 になるのでしょうが,
タイトル数が一番多いモチーフ・・・というと,“にわとり”のバッグではないかと思います。

エニッドコリンズの“にわとり”には,躍動感があって力強くてかっこいい鶏がたくさん!
なので,ついつい惹かれてしまうんです・・・^^;;(苦笑)
しかも,ヴィンテージバッグならではのデザイン,って感じですよね!?

そこで今日は,コリンズの“にわとり”のバッグ その1です♪


まずは,ゴージャスな『red rooster』(1963)。タイトルのとおり“真っ赤な雄鶏”です。
大地を闊歩する雄鶏,かっこいい!!
d0233898_1034302.jpg

そう,このバッグも63年製・・・スパンコールが豪華で美しいですっ!!
とくに,この尾羽の部分!スパンコールならではのリアリティ!!
d0233898_10361732.jpg

この鶏は,なかなか顔も精悍ですよ^^
d0233898_10373157.jpg



次は,同じく60年代の『red rooster』 なんですが,
イラストチックに可愛くデザインされているバッグです。
d0233898_10425945.jpg

このシルエット,とてもエニッドコリンズ“らしさ”が漂うバッグたと思います~
そして本当に,「赤」というのが◎!

このバッグの尾羽には,モールが使われています。
d0233898_10481441.jpg


二つ並べると,雰囲気の違いが・・・
d0233898_10495586.jpg



ラストは,かなりレアなこちらのウッドバッグ。『don't count your chickens』(1965)。
d0233898_10551781.jpg

アメコミ風のお茶目なデザインがかわいいバッグです^^
卵の中には,すでにヒヨコが・・・(笑)
d0233898_10592118.jpg


タマゴが孵ったら一体何羽になるのかわからなくて混乱してる親鳥,といった感じでしょうか?
d0233898_1113718.jpg

そう,このバッグは,「とらぬ狸の皮算用」と同じ意味の英語のことわざ
“Don't count your chickens before they're hatched.” 
    を意味しているんですよ~!!
だから,タマゴにお金(コイン)が・・・!? うーん,深いです・・・(笑)



by kamakurabudda | 2011-08-19 11:19 | 鳥 Birds

カメのバッグ その1 ~Poki

♪♪ もしもしカメよ カメさんよ~ ♪♪

Enid Collins のカメのバッグは,思わず抱きしめたくなるくらい,とびきりかわいいんです!!

カメのほのぼの感とか愛嬌とか可愛らしさとかは,万国共通なんですねえ・・・

今日は,そんなカメのデザインのコリンズバッグの1つ,『Poki』056.gif

d0233898_11544127.jpg

まずは,とっても小さな正方形のウッドバッグ・・・
「よっ!元気?029.gif
とでも言っているようなカメの表情やしぐさ?が何ともたまりません♪
d0233898_11575215.jpg

d0233898_11584976.jpg



そして,使い勝手のいいサイズの,パステルカラーのビーズがかわいいこちらの『Poki』。
d0233898_1292767.jpg

甲羅がちょっと重そうかな・・・?^^
のーんびり,お散歩してる感じですね!
d0233898_12115687.jpg

このバッグは,上部にもデザインがあるタイプです。
d0233898_12125025.jpg


最近,以前ご紹介したショップの「ピュアトリム(Puretrim)」さんにカラフルビーズのPoki のキャンバスバッグが入荷していて,毎日「かわいいなあ~053.gif」と癒されています・・・^^
いつか欲しいなあ・・・


最後は,小さなパーティーバッグの『Poki』。
物を入れることはほとんど期待できませんが,
サブバッグを持って,ちょっとしたお出かけとかにお供させたいバッグかも♪
d0233898_12184854.jpg

d0233898_12235740.jpg




ところで,タイトルの『Poki』,意味を調べたんですけれど,はっきり言ってよくわかりません・・・;;
ハワイ料理に“ポキ”っていうのがありますが,それとは関係ないですよねぇ??
フランス語やスペイン語でもないようですし・・・ 由来が気になるところですっ026.gif
d0233898_12232053.jpg


☆“Poki” とは,“ゆっくり・のろのろ” というような意味だそうです!納得!!045.gif
教えていただきありがとうございました。



by kamakurabudda | 2011-08-18 12:26 | 魚・カメ Fish・Tortoise

ふくろうのバッグ その1 ~Bright Owl, wise guys

お久しぶりです^^;;

しばらく更新を怠っていたにもかかわらず,このブログを見てくださり本当にありがとうございます043.gif
お盆も終わりましたので,今日からまた更新再開します! 


さて,そんな今日は・・・
これまで登場する機会に恵まれなかった(笑)エニッドコリンズの代表的なモチーフの1つ・・・
“ふくろう”くんのバッグです^^

まずは,『Bright Owl』。シンメトリーの完成されたデザインのバッグです♪
d0233898_14124158.jpg

エニッド・コリンズの“ふくろう”にも,ネコ同様にいくつかのタイプがありますが,
私はこの『Brght Owl』のふくろうが一番好きかな・・・^^ 

白と黒,そして金の配色がよい感じのこのバッグには,エナメル風の黒のビニールトリムがまたよくあっていますよね。

d0233898_14173416.jpg

d0233898_14183754.jpg

d0233898_14192085.jpg

このバッグは,大きいサイズのキャンバスバッグですが,ハンドルはDカン止めではなく,珍しく玉カシメ止めです。ビニールトリムを使っていることに配慮してかな・・・と思います。


そして,お次も同じく『Bright Owl』。ただし,上のものよりも,2回りくらい小型です。
d0233898_14303215.jpg

このバッグのキャンバス地は,とても珍しい“ねずみ色”。
少し緑がかっているようなこの色は,本当にクレヨンとかクレパスとかで,ほとんど使うことのなかったあの“ねずみ色”にそっくりなんです。
d0233898_14295583.jpg

オレンジに緑,白,そしてねずみ色・・・
この配色は落ち着いているけれども暗くなくて,とてもきれいですよね!こんな色使いにすれば,あのクレヨンたちも使ってあげれたのかしら・・・(笑)
d0233898_14354812.jpg



そして,最後は,『wise guys』
似ているタイトルに『wise guy』がありますが,デザインは全く違います。
こちらは,4羽の『賢い奴ら』^^
d0233898_1438324.jpg

“guys”なので,お父さんと息子たちなんでしょうか。それぞれの表情がユニークですね^^
d0233898_14402089.jpg

d0233898_1440439.jpg

お父さんは,子どもたちを横目で監視し,子どもたちはどこを見ているんだか,といった感じです。
子どもたちの目,デザインが全部違うのにお気づきですか?
d0233898_14465831.jpg

寒そうな季節のふくろうくんたちですが,その姿を見ていると,ほんわかした気持ちになりますね。



by kamakurabudda | 2011-08-17 14:51 | 鳥 Birds

馬のバッグ その2 ~horseplay, Play Time, Boot'n Saddle 他

エニッド・コリンズの馬のバッグには,とてもリアルに描かれたデザインのものが何種類もあります。
そして,そんな馬たちの表情は,どれも優しくて楽しそう^^

そんなところからも,彼女が本当に馬を愛していたのだな・・・ということが感じられます。

「馬のバッグ その2」は,エニッド・コリンズの写実的な馬のバッグたちです☆


ではまず最初のバッグ,『horseplay』
d0233898_20582551.jpg

自由に駆け回る5頭の馬たち。その表情は,とても優しいです。
d0233898_2057762.jpg

そして,どの馬も目を細めていて,とっても楽しそうにじゃれあっていますよね^^


お次は,以前にオークションで手放したこちらのバッグ。『Play Time』
d0233898_2115167.jpg

これは,子馬なんでしょうか。
とてもシンプルなバッグなんですけど,テキサスの大地を自由に駆けている楽しげな馬の感じがすごく伝わってきます・・・
とても幸せそうな子馬。


そして,「馬のバッグ その1」で『roan』をご紹介したときに,“いちごの馬”が他にもある,と書きましたが,それがこのバッグ。
d0233898_2165859.jpg

このバッグ,バッグ自体のタイトルはないのですが,4頭の馬それぞれに名前がつけられています。
その発想がとてもユニーク^^

真ん中の一番大きい馬が『quarter horse』
d0233898_219916.jpg

そう,馬のお尻に“25セント硬貨”もどきのパーツが付けられています(笑)。
なぜお尻に??なぜ硬貨が??(笑)
お金好きの馬でもいたのでしょうか?^^;;

そして,左下が『appaloosa』
なんか,たてがみのまばらさが,お疲れに見えます;;
d0233898_2115140.jpg

「アパルーサ」とは,いわゆる人が乗るための馬の総称。でも,“りんご”付きです(笑)
馬というとサラブレッドとか,すらっとしてかっこいい馬をモデルにしてしまいそうですが,こういう日常的な,ある意味“地味”な馬をモデルにするところ,本当にコリンズの愛があります・・・

お次は左上。『ol' Paint』
d0233898_2122069.jpg

なぜか,身体に“パレット”を背負ってます(笑)。
写真を撮っているときに,この馬のビーズが1つとれていることに気づきました(汗)。
この欠けている所には,ブルーのビーズが入ります。あとで付け直しておきます・・・

最後は真打ち?登場。『strawberry roan』
d0233898_21262760.jpg

確かに,この馬は“Roan”(栗足毛の馬)ですね!^^


そして,このバッグ,テキサスっぽくてかっこいいと思いませんか?『Boot'n Saddle』
d0233898_21333795.jpg

このバッグは70年代のものですが,エニッドコリンズのデザインのものなのか,Tandy社オリジナルデザインのものなのか,まだ60年代製のこのバッグを見たことがないので分かりません。

馬の頭部のアップと,ウエスタンブーツ,馬具,の3つの絵が描かれています。
テキサス人の“三種の神器”なのかもしれないですね!?
d0233898_2138153.jpg

d0233898_21384816.jpg

タイトルの字体も,なんかウエスタンぽくてかっこいいです♪



by kamakurabudda | 2011-08-10 21:44 | 動物 Animals

自動車のバッグ ~horseless carriage, model T, roadrunner Ⅳ

エニッド・コリンズが活躍した1960年代は,アメリカでは,いわゆるイメージどおりの“アメ車”が流行った時代・・・大パワー・大排気量の大きな車がたくさん作られた時代です。

馬やテキサスの動植物や自然を愛したエニッド・コリンズは,それをどのように見ていたんでしょうね?

今日ご紹介する,コリンズの「自動車」バッグのデザイン,そしてタイトルから想像する限り,少なくともその時代の自動車には魅力を感じていなかったように思えます。

皆さんはどう思われますか?^^


最初のバッグは,『horseless carriage』(1964年)です。
d0233898_1601944.jpg

このバッグのタイトルは,「馬なしの馬車」。
まだ,馬車が主で車は珍しかった頃の「車」の呼び名です。
初期の車は,形も馬車にそっくりですよね!

このバッグの車体の部分は,黒のモールとスパンコールで作られています。
一見するとただの黒なんですが,結構立体的でかっこいいです♪ 高級車って感じ?(笑)
d0233898_20315625.jpg

ケーブルカーのキャンバスバッグでも同じようなことを書いた気がしますが,このバッグも,ファッションに合わせやすく,服を引き立ててくれるヴィンテージバッグだと思います^^
d0233898_2034453.jpg



お次は,ご存知,フォードが作った大衆車「T型フォード」こと,『model T』
d0233898_2038401.jpg

私は結構クラシックカーが好きなので,いいですね♪ こういう車は^^
d0233898_2041256.jpg

d0233898_20443084.jpg

(出展:Wikipedia フォード・モデルT)

うん,確かにそっくり! エニッド・コリンズのModel Tの方が断然かわいいけども~(笑)
d0233898_20484664.jpg

それにしてもT型フォードが作られていたのは,1908年から1920年代後半まで。
このバッグたちが作られた60年代から遡ること,40年以上です。
40年前の車って,当時でもすでにヴィンテージ車ですよね!?
エニッド・コリンズが小さかった頃は,“車といえばT型フォード”みたいな感じだったんでしょうか??


最後は,『roadrunner Ⅳ』(1966年)。
そう,あの『Roadrunner』のシリーズ4です。こちらは,鳥ではなく,車なんです。
d0233898_2105888.jpg

『roadrunner Ⅳ』をはじめて見たとき,このバッグは,エニッド・コリンズ特有のirony(皮肉)なのか,ユーモアなのか,それとも,「Model T」のようにそういう名前の車があって,言葉の掛け合わせなのか考えてしまいました。

確かに,『roadrunner』っていう車があるんです!クライスラー社が1968年~75年に作っていた“The アメ車”って感じの車が・・・;; (参照:Wikipedia プリムス・ロードランナー)

でも,このバッグが作られたのは1966年。とすると,プリムス・ロードランナーが世に登場する前なので,車をモデルにしたものではない・・・(形も全然違います)

それでは,皮肉かユーモアか?

これはどっちでしょうね~?
ただ,あの鳥「Roadrunner」を愛し,たくさんのバッグをデザインしたエニッド・コリンズであることを考えれば,その鳥たちの道路を占領した車に対する“皮肉”と考えたいような気がします。
d0233898_21151034.jpg

果たして彼女の真意は・・・?



by kamakurabudda | 2011-08-09 21:22 | 乗り物 Vehicles

アメリカ,テキサス州出身の女流バッグデザイナー『Enid Collins』(エニッド コリンズ)をご存知ですか?
by kamakurabudda
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

最新の記事

掲示板

ただいま、ヤフオクにコリンズバッグ出品中です(結構出しました;;)!
よろしければ見てくださいね(ブログに登場済みのものもあります)^^

ヤフオクの出品者IDは,「kantatopanta」です。

なお、出品中のバッグについてのお問い合わせは、このブログのコメント欄からでも結構ですよ!



ブログ記事やコリンズバッグについてのコメント・要望などなど、いつでもお気軽にお寄せくださいね!!発信ばかりでも寂しいのでぜひ~^^;
更新していないときでも毎日ブログのチェックはしていますので、大丈夫で~す♪


このブログへのリンク、紹介等、大歓迎です^^
ただ、基本的に相互リンクでいきたいと考えていますので、事前にメールまたはコメント欄からご連絡いただけますと嬉しいです。

検索

ファン

My Collins&#39; ダイジェスト

www.flickr.com
kamakurabudda's items Go to kamakurabudda's photostream
トルコリラFX業者

フォロー中のブログ

最新のトラックバック

タグ

ブログジャンル

画像一覧