人気ブログランキング |

A craze for Enid Collins

<   2012年 01月 ( 5 )   > この月の画像一覧




コリンズバッグの年代の見方

コリンズバッグは、主に1960年代~70年代にかけて作られましたが、
Enid Collins 自身がデザイン・製造に関与していたのは60年代まで。
1970年からは、買収した馬具・レザーメーカーのTandy社がコリンズバッグを製造していたことは、きっと皆さんご存知ですよね!

では、60年代のバッグか70年代のバッグかをどのように判断したらいいのか―――
コリンズバッグのロゴとかマークは色々あるので、好きになった最初のころはよくわからなくて、私は結構混乱してました^^;;
こんな風に全部のバッグに何年、って入れていてくれればわかりやすいんですけどね~
d0233898_0594471.jpg

d0233898_101184.jpg


結局、製造年の書かれていないものは、ロゴやマークで判断するしかありません。
では、60年代のバッグは・・・?

60年代バッグの見分け方として、まずはロゴに注目!
「ec」とか 「ec+コピーライトのcマーク」があれば、それは60年代バッグです^^
d0233898_16194.jpg

d0233898_162345.jpg


そして、こういうロゴ付きバッグには、大体内部とか底とかに
“enid collins” の文字も書かれていることが多いです。たとえばこんな風に。
d0233898_184029.jpg

d0233898_193775.jpg

他にも、いくつかパターンがあるので、チェックしてみて下さいね!

ということで、「ec」+“Enid Collins”の文字があれば、それは彼女自身がデザインし製造していた60年代バッグに間違いなし!です^^
というよりも、むしろ、バッグのどこかに“Enid Collins” か「ec」があれば、60年代バッグということになります。


一方の70年代バッグには、大体こういうロゴが使われています。
d0233898_1114367.jpg

d0233898_112339.jpg


そして、バッグ中のどこを探しても“enid collins” の文字が出てきません! ←重要!!たとえば、こんな感じ。
d0233898_1152494.jpg

d0233898_116533.jpg

“Collins of Texas” とはあっても、“enid collins” とは書かれていないでしょ?

馬系のロゴと“Collins of Texas” の文字の2つがあれば、ほぼ70年代バッグで決まりです。


もっとも、「ec」ロゴ+“Collins of Texas” の組み合わせのバッグもあります。
これは私の推測にすぎませんが、経営の変わった1970年前後のバッグではないか・・・?と思っています。
買収後もちょっとの間は、エニッド・コリンズ自身が監修していたらいいですしね!


さらに、バッグ上に「ec」ロゴも「馬系」のロゴもなく、内部とかに“Collins of Texas” の文字もなく、ただただ、バッグのポケットのところに「馬系」マークが書かれているだけの、知らないとコリンズバッグなのか不安になるようなバッグもあります(そして私の見た限り、この種類のバッグは、内ポケットがファスナーの付いているもの1つだけでした)。

これも完全なる推測ですが、こういうバッグはTandy社がコリンズバッグを製造していた末期のバッグではないかな・・・と考えています。“Collins” の文字が一切使われなくなっていますので。

あと、内ポケットのところに“Puerto Rico”と書かれているものや、Paper Mache のコリンズバッグは、プエルトリコ工場で製造していたものなので1966年~68年に作られたものと言えます^^

たぶん90%くらいのバッグは、以上のようなパターンのどれかに当てはまるんじゃないでしょうか。


ではでは、残りの10%は・・・?

先日、真鍮金具付きのコリンズバッグの年代を間違えていた~!と書きましたが、それがここに入ります(笑)
まず、コリンズのレザーバッグとかカーペットバッグとかには、表面に「ec」マークとかは付いていません!
それから、バッグ内部にも“Enid Collins” とか “Collins of Texas” の文字はなし!
見当たるのは、ポケット上のこの馬のロゴだけなんです・・・
d0233898_1361279.jpg

うーん、悩ましい~!!!(><)
という感じで、ご紹介した記事を読むまでは、70年代のバッグなのかな~と思っていた次第です^^;;

以上、かなり勝手な推測も書いているので、「違うよ!!」ということがあれば是非教えてくださいね!
そして、更なる追加情報もあれば是非!!!



by kamakurabudda | 2012-01-30 01:48 | 情報(メンテナンス・パーツ他)

真鍮金具付きコリンズバッグの年代

こんばんは^^

最近、お日様の日差しが前よりちょっと強くなったな~、とか、
日が暮れるのがちょっと遅くなったな~、とか、
寒い寒いと思いながらも、季節が動いている様子が感じられてちょっと嬉しいです♪


さて、つい先日、ネットでエニッド・コリンズについて何か新しい情報がないか探していて、
Jeep CollinsさんというEnid Collinsの息子さんへのインタビュー記事を見つけました。
(正確には、ブログの記事です)

2011年6月の記事なので、ちょうど私がこのブログを始めた頃ですね^^;


その中に、Enid Collinsの夫(Frederic Collins)が彼女のレザーハンドバッグのための真鍮のオーナメントを造っていた・・・というくだりがあって、「あっ!!!」と思いました。

私は今まで、真鍮の金具の付いているコリンズバッグ(レザーやカーペット他)を70年代のバッグだと思っていたんですけど、違いました! 60年代の、それも、夫婦の共同作品のバッグでした!!

でも、このことはとっても嬉しい思い違い・・・♪♪♪
だって、私がコリンズバッグにのめり込むきっかけが、このカーペットバッグなんですもの~^^
d0233898_18464299.jpg


そして私は、彼女の夫の作品にやられたってことですね(笑)!053.gif
d0233898_18484819.jpg

d0233898_18524489.jpg

d0233898_18512693.jpg


そんなわけで、以前私が「70年代に入ってTandy社に買収されてからの・・・」と書いたのは
間違いですので、知識の書き換えをお願いいたしますっ^^
すみません^^; 過去の記事の訂正もしておきます!

ところで、なぜ今まで70年代のバッグかな?と思っていたかについては、実は理由があります。
それについては、「コリンズバッグの年代の見分け方」(仮題)として、次回に!!(笑)


最後になりましたが、Jeep Collinsさんは、シルバーとか錫とかを素材にした彫金デザイナーで、私も彼の作品をいくつか見たことがあります。
天使とかハートとかをモチーフにしたペンダントトップや指輪、ブローチなどなど。
そして、天使の表情とかデザインとか、エニッド・コリンズのバッグに通じるものがあります。
心がほんわかするような可愛い作品たちですよ~♪

ちなみに、このインタビュー記事は英語の短いものなんですけど、内容もなかなかおもしろいし、読みやすいですよ^^ 何より、息子さんの言うことですから内容を信頼できますし!(笑)

URLはこちら↓
http://thevintagetraveler.wordpress.com/2011/06/18/enid-collins-an-interview-with-her-son-jeep/

ぜひご覧になってみてください~^^



by kamakurabudda | 2012-01-27 19:15 | 情報(メンテナンス・パーツ他)

ヤフオクに出品しました (3)

こんばんは。
今夜も寒いですね・・・!

さて、久しぶりにYahoo auctionに、10個のコリンズバッグを新規出品しました!


今回は、実家に置いてあった普段使い用のコリンズバッグが中心(そうじゃないのもあります)です。
細かく欠点を挙げればキリがない?(笑)バッグが多いんですけど、普段使いとして気軽に楽しむコリンズバッグとしては十分なものばかりです♪

お時間があったら、覗いてみてくださいね~^^
バッグたちが私の次の持ち主を募集中です!!(笑)

今回出品したのは、これらのバッグです。
ちなみに今回は、ブログ用の別画像は撮っていません~^^;;(以下は、出品画像と同じです)

『iron horse』(60年代製)
d0233898_22225940.jpg


『Flower Patch』(70年代製) 以前、ここで登場済みのバッグです^^
d0233898_22233266.jpg


『cock d'or』(1966年製)
d0233898_22243690.jpg


『MODEL T』(70年代製)
d0233898_22251183.jpg


『Drift wood』(70年代製)
d0233898_2225361.jpg


『bird in hand』(60年代製)この写真は、オークションでは使っていませ~ん^^
d0233898_22262655.jpg


『tres flores』(60年代製)
d0233898_2227241.jpg


『carriage trade』(70年代製) このバッグもブログ登場済みです♪
d0233898_2227565.jpg


『flora + fauna』(60年代製)
この写真も、オークションで使わなかったものです。
正面と上にデザインがあると、バッグの良さを伝える写真が撮りにくいんですよね^^;;
バッグとしては最高に可愛いんですけど(笑)
d0233898_22282856.jpg


『money tree』(70年代製)
d0233898_22304448.jpg


バッグについてのお問い合わせは、このブログからでも構いませんよ~^^



by kamakurabudda | 2012-01-22 22:39 | ご挨拶・お知らせ

山羊座のバッグ ~Zodiac Capricorn

こんばんは。

今日、カレンダーを見ていて、もうすぐ星座が変わってしまうことに気づきました!
あぶない、あぶない・・・

ということで、今日は久々の星座=山羊座のバッグ『Zodiac Capricorn』です^^

エニッド・コリンズの星座バッグは、かわいいっ!というデザインもあれば、
私の星座の「しし座」みたいに、ひょうきんな表情の柄もあったり・・・と色々ですが、
この「山羊座」のバッグは、かなりリアルでカッコいいです♪

d0233898_061343.jpg

長い角と髭が印象的なヤギです。

そして、目力もあり(笑)。
d0233898_08134.jpg

「Capricorn」の「i」の字のビーズがニクイですね~!


カラフルヴァージョンのキャンバスタイプの「山羊座バッグ」もデザインはほぼ同じです。
d0233898_011232.jpg

なんか、とっても強そうなヤギですよね。野性味あるというか?
d0233898_0144970.jpg

久しぶりに、山羊座の神話を読み返して、山羊座のヤギは、神様が化けた姿だったと思い出しました。
そして、怪物に襲われかかって川に飛び込んだときに全身魚に化けるつもりが、慌てていて上半身ヤギのまま(下半身だけ魚)になってしまったことも!!
もともと髭面の神様(牧神パン)だったようなので、コリンズのヤギはすごく神話に忠実な姿なんですね~^^

d0233898_0273095.jpg


ところで、「Capricorn」(カプリコーン)と聞くと、グ〇コのお菓子を連想するのは私だけでしょうか・・・??^^;;



by kamakurabudda | 2012-01-22 00:39 | 星座 Zodiac

孔雀のバッグ ~Pavan (2)

幕の内もすぎてしまいましたが・・・^^;; 2012年初の更新になります。

まずは、なにより、

明けましておめでとうございます!


さて、「2012年最初のバッグは、これ!」とずっと決めていました。それは、『Pavan』

華やかで美しい『Pavan』は、コリンズバッグの中でも大好きなシリーズなんですが、
今日は、私の『Pavan』コレクションの中でのとっておきの3つです♪♪♪

一度使いたいなあ・・・と思いながらも、なかなか持てないでいます(笑)!


最初の2つは、ワンハンドル、楕円形のこちらのハンドバッグ!!
先日、ヤフオクで出品されているのを見ましたが、やはりとりわけ素敵なバッグは
普遍的に素敵で人気があるんだなあ・・・と思いました!

d0233898_2044416.jpg


黒蓋のバッグにはガラスビーズが、白蓋のバッグには結構アクリルビーズが使われています。
どちらもクラシカルな印象ですが、黒い方はより重厚な、白い方は華やかで爽やかな雰囲気になりますよね!

d0233898_2285574.jpg
d0233898_2292233.jpg

d0233898_2210181.jpg
d0233898_22105176.jpg


このバッグ、楕円型といいましたが、底の形状はこんな感じです。
3箇所、金属の小さな足がついています。
d0233898_22121391.jpg


大きさは、あまり大きくありませんが、コロンとしているのでそこそこ収納力があります。

使いたい、と思いながら、なぜ使わないのか・・・?

最大の理由は、ココにあります^^;
d0233898_22143637.jpg

そう、持ち手の付け根です。
といっても、この二つのバッグ共に、レザーの状態がかなり良いので、
持ち歩いても切れたり裂けたりする恐れはほとんどないとわかっているんです^^;;
でも、ワンハンドルのコリンズバッグは、持ち手のレザーが傷んだときにどう修理しようか、
自分の中でのイメージが沸いていないので、なかなか持ち歩く気になれません・・・

普通に持つと、付け根が捻れるのが気になるんですヨ・・・

でも、今年こそは、持ち歩きデビューをしたいな~!


さてさて、3つ目のとっておきの『Pavan』バッグは、これです。
オール黒の『Pavan』のウッドバッグ(1966年)。
d0233898_22233753.jpg

同デザインの他の色のウッドバッグはそこそこ目にします(実際、私も1つ持っています・・・ヤフオク出品中です^^;;)が、黒のバッグは比較的珍しいように思います。

全部黒のウッドバッグはホントきれいなんですが、ペイントが剥げるととても目立つのが最大の難点・・・。 それが、このバッグを持ち歩くことができないでいる最大の理由です^^;;

裏もこのように真っ黒!
d0233898_22321784.jpg

このバッグは、上の『Pavan』以上にやっぱり使えないな~(><)

ま、そんなバッグがいくつかあってもいいですよね!?(笑)

それでは、今年もどうぞ宜しくお願いいたします!!



by kamakurabudda | 2012-01-16 22:39 | 鳥 Birds

アメリカ,テキサス州出身の女流バッグデザイナー『Enid Collins』(エニッド コリンズ)をご存知ですか?
by kamakurabudda
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

最新の記事

掲示板

ただいま、ヤフオクにコリンズバッグ出品中です(結構出しました;;)!
よろしければ見てくださいね(ブログに登場済みのものもあります)^^

ヤフオクの出品者IDは,「kantatopanta」です。

なお、出品中のバッグについてのお問い合わせは、このブログのコメント欄からでも結構ですよ!



ブログ記事やコリンズバッグについてのコメント・要望などなど、いつでもお気軽にお寄せくださいね!!発信ばかりでも寂しいのでぜひ~^^;
更新していないときでも毎日ブログのチェックはしていますので、大丈夫で~す♪


このブログへのリンク、紹介等、大歓迎です^^
ただ、基本的に相互リンクでいきたいと考えていますので、事前にメールまたはコメント欄からご連絡いただけますと嬉しいです。

検索

ファン

My Collins&#39; ダイジェスト

www.flickr.com
kamakurabudda's items Go to kamakurabudda's photostream
トルコリラFX業者

フォロー中のブログ

最新のトラックバック

タグ

ブログジャンル

画像一覧