人気ブログランキング |

A craze for Enid Collins

タグ:enid collins ( 58 ) タグの人気記事




花のバッグ その6 ~mira flores

私は英語はともかく,アルファベットの言語が苦手です^^;;
なので,コリンズバッグに英語以外のタイトルが付いていると,多くは見当がつかなくて
大変~!!適当にタイトルの意味を解釈しているものもたくさんあります;;

今日のこのバッグ,『mira flores』 も,これまでフランス語かな~と思ってました012.gif
フランス語の花は“fleur”・・・ だけども,“flore”という言い方もあるのかな,と。

今回ブログに載せるために,さっき調べて,ようやく判明!
『mira flores』 は,スペイン語だったんですね!!!音は,「ミラフローレス」。
“mira”の意味は 「見て」だそうで,『mira flores』 は,「花を見て」の意味になります056.gif
なんてかわいいタイトル!^^


『mira flores』 のエニッド・コリンズのバッグは,私の知る限り,大きく2つのパターンがあります。

1つ目のパターンは,お花の部分だけがデザインされたもの。
例えば,こちら。 『mira flores』(1966年)。
d0233898_16544538.jpg

6つの大きさと色が違う花がアレンジされています。
d0233898_1845839.jpg


そして,このような 『mira flores』 も。 青と白で統一された,涼しげなウッドバッグです。
d0233898_1863878.jpg

d0233898_18103330.jpg



もう1つのパターンは,茎や葉も付いている 『mira flores』。
例えば,以前に一度登場させたことのある,この小さなパーティーバッグです。
d0233898_18172832.jpg

上の2つの『mira flores』とは,全然雰囲気が違いますよね!?
d0233898_18175353.jpg


そしてこの 『mira flores』 もデザインも形もとても可愛らしいバッグでした。
d0233898_1826082.jpg

オークション用に撮った写真しかなくて,写りが暗くてすいません(><)
 
このバッグは,背面と底以外の4面に,色の異なるお花が付いています♪
d0233898_18285878.jpg


「花を見て」というタイトルながらも,すごく控えめで可愛らしい花たちなんです~^^



by kamakurabudda | 2011-09-16 18:36 | 花 Flowers

Moneyのバッグ その3 ~ Money tree (2)

こんばんは~^^

今日は,久々に“Moneyのバッグ”から, 『Money tree』 です!
でも,今日のは,いわゆる『Money tree』のバッグとは少~し雰囲気が違うかも・・・??

『Money tree』のキャンバスバッグ!!!

d0233898_2230899.jpg

一般に,比較的ペイント部分の多い『Money tree』ですが,このバッグは,「どうだっ??」というくらいビーズが使われています(笑)

赤と青の鳥・・・
どうやら鳥の内部も全て小さなガラスビーズが入るようなのですが,いくつかとれています・・・
というか,パーツが手に入るたびに欠けている部分を少しずつ埋めているんですけど,なかなか埋まりません(><)
もっとも,全部にビーズが入ると,ちょっとギラギラしすぎかしら??とも思いますけど・・・;;
d0233898_2235375.jpg

鳥の顔も,口ばしが長く鋭くて,精悍ですよね。
d0233898_22385954.jpg

とても存在感のある『Money tree』のバッグです。カッコいい・・・☆


お次のバッグ,雰囲気は上のバッグと似ているかもしれません。
小ぶりの赤×黒の『Money tree』キャンバスバッグ。
d0233898_2241483.jpg

長くて赤い尾をした鳥がとても目を引くバッグです。
d0233898_22424038.jpg

鳥の頭の“くりん”としたのがなんだか可愛らしい・・・^^
d0233898_22454658.jpg



ラストは,70年代製ソフトタイプのキャンバスバッグです!
d0233898_22484459.jpg

ソフトタイプのバッグにはいろいろな形がありますが,私はこの四角いかっちりしたショルダータイプが一番好きです^^
長くしてたすきがけにも,短くして肩掛けしても使えて便利!!

d0233898_2251596.jpg

このバッグは,「鳥」が主役という感じがします。丸々太った豪華でおいしそうな鳥!(笑)
d0233898_22524911.jpg

色の感じもデザインも,とりわけ秋に持ちたくなる『Money tree』です。
すっきりしたロングブーツを履いて,ちょっとトラッドっぽく合わせたいな~♪



by kamakurabudda | 2011-09-15 23:01 | 金 Money

文字をデザインしたバッグ その1~my bag, 4 Love and/or Money 他

先日,“フルーツのバッグ”として 『Apple box』 を取り上げたとき,“文字をデザインしたバッグ”としてもこのバッグを取り上げたいなあ・・・と考えていました。

Enid Collins のバッグには,わりと“文字”が主役ともいえるデザインのバッグがあるんです。
『LOVE』のバッグのように,単語そのものを素敵に可愛らしくデザインしたものとか,
『Apple box』 のように,
「You are the Apple of my eye.」 →「U R the (Apple) of my I」と
文字遊びを楽しんでいるものとか,タイプはいろいろですけれども・・・^^

そういうわけで,今日は,そういう“文字をデザインしたバッグ”のその1として,3つのバッグを選びました♪♪♪


最初は,私のお気に入りバッグ,とてもキュートな 『my bag』
d0233898_167472.jpg

ポップな色使い♪
ほんと,思わず抱きしめたくなるようなカワイイ私の“マイバッグ”です^^
d0233898_16101111.jpg

いろいろなお花の形・・・花の二重付けもされちゃってます!欲張りすぎ??(笑)
d0233898_16103646.jpg



お次は,私はどちらだろう?と思わず考え込んでしまうタイトルのこのバッグ,
『4 Love and/or Money』
d0233898_16151038.jpg

“for Love and Money?”(愛とお金の両方?) 
“for Love or Money?”(愛,それともお金?)
いつの時代でも,付いてまわる難問でしょうか・・・?
これは,まあ・・・
d0233898_16203413.jpg
d0233898_16205347.jpg

・・・ケースバイケースですよね!?028.gif

ところで,この文字のデザイン,すごくかっこいいですよね~
そして,“for” を “4” で置き換えたりすることで「遊び」の要素も取り入れて,
「おぉっ!!??」と思うような意味のこのバッグが,とてもオシャレなものになっているように思います^^
そういう意味では,『Apple box』も同じかな??


最後は,珍しい円筒形のバッグ,『knit 1 purl 2』
d0233898_16523785.jpg

私は編み物が全然できないんですけど,“knit 1 purl 2”は,“表編み1目,裏編み2目”ということだそうです^^;;
アメリカの編み物の本は,図はなくて,“knit 1 purl 2”のように編み方と編み目を文字で書いてあるだけとか。 ますますハードルが高い・・・026.gif 
d0233898_16563989.jpg

裏はこんな感じです。デザインはありません(笑)
d0233898_16584795.jpg




by kamakurabudda | 2011-09-13 17:02 | その他 Others

コリンズバックのお手入れ

こんばんは。

今日は蒸し暑い1日でしたが,それでもここのところずいぶんとカラッとしたお天気になってきましたよね^^


梅雨から蒸し暑い夏の間に,コリンズバッグが湿気をたっぷり含んでそうなので,そろそろお天気を選んで,バッグに風通しをしたいな~と考えているこの頃です。

そこでブログも,ずっと記事にすることを考えていた,エニッド・コリンズのバッグのお手入れについて書いてみますね029.gif

といっても,私は特にバッグなどのお手入れに専門知識があるわけではないので,これから書くことは,本当に本当に本当~に我流です!!!
なので,もしかすると専門家の方からみれば,眉をひそめるような方法かもしれないので,その点はどうかご了承くださいませm__m


1)通常のお手入れ

やっぱり,ブラッシングですよね!!
私は,獣毛(豚毛)の洋服用のブラシを使っています。

ヴィンテージバッグですし,生地を痛めない様,やさしくブラシをかけてあげるほうがいいのでしょうが,私は根が大雑把なのと,コリンズバッグのキャンバス地が基本的にとても丈夫だと思っているので,あまり気にせず,けっこう元気よくブラシがけをしてしまいます^^;;
キャンバス地の目に沿って,目の粗いキャンバス地の場合は,粗い部分の埃をぐりぐりとほじくり出すイメージで。

しかも,豚毛ブラシは軟らかいので大丈夫だろうと,パーツやビーズ部分にも,その形状に添ってブラシがけ(結構,パーツ間などに埃や汚れが溜まることが多いので)します。
そうそう,ウッドバッグにも,パーツ・ビーズ部分に限りブラシがけをすることもあります。

ビーズがとれてしまいそう・・・?039.gif

確かに,とれることもあります!!
でも,私は,そういうビーズはとれ易い状態だったので,外でとれてしまうより良いや~
と考えているので,「ここでとれてよかったね☆」と貼り直しをしています^^

ちょっとだけしまっておく場合は,これでもう不織布の保管袋に入れておしまい!

しばらく使わなさそうかな~と思うバッグには,ついでに革部分のお手入れをします。

革のお手入れは,革用のクリーナーで革についた皮脂や汚れをとってあげ,そのあと革用保湿クリームを塗ります。
革用のシャンプーなどもありますが,エニッドコリンズのバッグは,40年以上経ているものがほとんどなので,よほどでない限り革が(程度の差はあれ)傷んでいます。
元気な状態の革は,水につけても(その後ケアすれば)それほど神経質になることはないのですが,乾いている革は,水気を含むとボロボロになってしまうので,水で洗うケアは革部分についてはほぼしていません。


2)特別なお手入れ

購入したバッグがなんとなく,薄汚れていたり,べたべたしていたり,或いは使っているうちに,ブラシがけをしてもなんとなく汚れてきたな~と感じたとき,皆さんはどうされていますか?

コリンズのキャンバスバッグが布だけでできているなら,思い切って水洗い!ということも可能なんでしょうが,古くなった革の部分もあるし,裏張りもされているし,さすがに水洗いはできませんよね;;
(一度,パーツ用に買ったコリンズバッグを試しに洗ってみたところ,革が水を含んでスポンジのようにボロボロになり,裏張りもボコボコになり,大変な状態になりました;; なので,これは絶対にできないと思いました(苦笑))

色々試した結果,今一番良いかな~と思っているのは,「重曹」です。
ドラッグストアで見かける,重曹を水で溶いたスプレー式のアレです^^
もっとも,キャンバスバッグの場合,重曹でキャンバス地に染み付いてしまっている古ーい汚れをとることはあまり期待できません。でも,手垢とか,なんとなく全体的にくすんできたな・・・と感じたときには,とても有効なクリーナーだと思いますよ^^

重曹は,スプレーできるタイプ(霧吹きタイプ)のものが使いやすいように思います。

ただ使い方に一つ注意点があります。
キャンバスバッグで使うときは,汚れの部分だけでなく,“バッグ全体”が湿るまで,十分にスプレーすることがとても重要です!!!
一部のみでは,水染みができたり,汚れていないと思っていたその回りの汚れ感が却って目立つ危険性が大きいのです;; しかも,一度ついてしまった水染みなどをとろうとしてもなかなか大変なので,“やってみる場合にはとにかくバッグ全体”です!

重曹を,(滴り落ちるくらい)たっぷりバッグ全体に噴きかけ,生地に浸透するよう少し待って,その後,固く絞ったタオルで,ぽんぽんと軽くキャンバス地を叩いてあげると,結構な汚れがタオルに移ってきますよ~^^

そのあと十分に乾かしてあげたら,バッグによっては,一皮向けたような感じになるかも・・・???

そうそう,重曹は,レザー部分にはあまりよくありませんが,コリンズバッグのレザーは一応表面コーティングがなされているので,レザー部分にかかってしまうことについてそれほど神経質になる必要はないと思います。
キャンバス地全体を重曹水で十分に湿らせた後,レザー部分に吹きかかった重曹を拭いて,バッグを乾かした後にレザー部分の保湿をしてあげれば,今までの経験からは十分なような感じです。

それから,重曹は,キャンバス地だけでなく,ニスがついているバッグであれば,ウッドバッグにも使えるので便利ですよ~(重曹は,絨毯の汚れ落しにも家具の汚れ落しに使えるので)。
かなり汚れがとれます!
それほど汚れていないと思っていたバッグでも,タオルが真っ黒(茶色)になったりします;;

もちろん,重曹をウッドバッグに使った後は,固く絞ったタオルで表面の重曹を拭いたあと,乾拭きし,それからワックスなどをかけてウッドをケアしてあげてくださいね^^

そのほか,キャンバス地に食べ物のシミなどをつけてしまったときは,漂白剤・・・ということも考えられますが,白地ならとにかく,色地のキャンバス地の場合は,色が抜けてしまうことが多いので,かなり危険を伴います。
試される場合は,綿棒などにつけて色抜けをテストしてからにした方が良いかと思います・・・・
あと,漂白剤は強酸性なので,レザー部分には絶対に付けないようにしてくださいね!
革が硬化してしまいます・・・

以上,思いつくままに,お手入れ方を書いてみました^^;;

“特別なお手入れ”については,色々試した結果を書いていますが,先に言ったように,あくまで我流ですので,果たして良いのかはわかりませんし,方法として確証がありませんので積極的にお勧めもできません。
最悪な状態になることも覚悟していただいた上で,試してみる勇気のある方のみ,チャレンジする価値はあるかも・・・?程度ですので,ご参考程度に考えてくださいねっ026.gif


お手入れについては,ベースは似ているかもしれませんが,おそらく皆さんそれぞれに色々な方法があると思います!
私もそうですし,このブログを読んでくださっているコリンズ好きの方も,とても知りたいことだと思うのでぜひとも皆さんが試されている方法を教えていただけたらと思います!!

私のお手入れ方法の是非を含めて,情報,お待ちしていますっ!! 宜しくお願いいたしますm__m



by kamakurabudda | 2011-09-10 00:06 | 情報(メンテナンス・パーツ他)

フルーツのバッグ その1~apple box, pear tree 他

「何か一つ,エニッド・コリンズのバッグの題材を思い浮かべてください・・・」

こう聞かれて“フルーツ” のバッグが思い浮かぶ人は,かなりの少数派ではないかと思います。


ブログを始めてから,“カテゴリ”を意識してバッグを見るくせがついてきたんですけど,
そうしたら意外と,“フルーツ”をモチーフにしたコリンズバッグがあることに気づきました!^^;;


そんなわけで,今日は,新カテゴリーの“フルーツのバッグ”♪

最初のバッグは,これ,『apple box』 (1966年)です。
d0233898_142946100.jpg

真っ赤な大きなりんごと,“U R the (Apple) of my I”とデザインされた文字がとても目を引くバッグです。

“U R the (Apple) of my I” とは,もともとは英語の言い回しの “You are the apple of my eye”の音をとってUとかRとかを使って表したもの。
“You are the apple of my eye” は,「目の中に入れても痛くない」と同義です。
(りんごが目に入っていたら,痛そう~(笑))

それにしても,こういう風に格好よくデザインできちゃうのって,本当に憧れますよね~
45年前のデザインのはずですが,とてもモダン!

りんごの艶やかなこと!!おいしそうっ^^
d0233898_1448515.jpg

あ,このバッグは,ビーズやパーツが一つも使われていない,ペイントのみのバッグです。


次のバッグは,“フルーツのバッグ”にカテゴライズしていいのか悩むところではありますが・・・
タイトルに免じて,『Pear Tree』 のキャンバスバッグとウッドバッグです。

まずは,キャンバスバッグ。 以前に手放したバッグになります。
d0233898_14551653.jpg

トパーズのビーズで表現された梨の実がたくさんついた“梨の木”に,青い鳥が1羽。
色使いもデザインも,品の良いバッグだと思います。

そして,基本構成は同じながらデザインが異なる 『Pear Tree』 のウッドバッグ(1963年)。
d0233898_157247.jpg

こちらは,梨型にペイントされているので,より“梨の木”らしいですね!

d0233898_15155278.jpg



最後のバッグは,“夏を感じるバッグ”で一度登場済みの 『Paper Mache』 のフルーツボックスバッグです!
確かあの時,『Paper Macheのバッグ その2』で詳しく・・・と書いた記憶があるのですが,『Paper Mache』の2回目を記事にする前に,再登場させちゃいますね;;
d0233898_1523848.jpg

ま・さ・に,“フルーツのバッグ”♪

このバッグ,直方体の6面全ての(柄もですが)が違います!!
裏と右サイド。
d0233898_15262833.jpg

裏と左サイド。
d0233898_152658100.jpg

底には,大きく“enid collins”とサインが。
d0233898_1528197.jpg

上のパイナップルと,前のスイカ。
d0233898_15302183.jpg

d0233898_15304619.jpg

バッグの中も,ペイントされていますよ~!! 鏡は,黒のモールで縁取られてます。
d0233898_15324577.jpg

部分的に,Paper 部分が剥げたり,ウッド本体から浮いてしまったりしていますが,
そこは,ものすごく手を加えて作られているこのバッグ。 まだすごく頑丈です☆
持ち手を替えたばかりなので,ホント,このバッグにはまだまだもっと長生きしてもらわないと!!(笑)



by kamakurabudda | 2011-09-07 15:51 | 果物・茸 fruits・mushroom

ネコのバッグ その2 ~Sophistikit

久しぶりのお天気~!058.gif

ということで,お日様の下で写真を撮ろう!と思ったら,少し前と日の差し方がずいぶん変わってきたんですね・・・^^;;
考えて見れば,もうあと2週間ほどで秋分の日。陽も傾くはずです。

そこで,今日は場所を変えて,燦々と陽が差し込むようになったリビングと出窓で撮影してみました。


久しぶりの登場になる“ネコのバッグ”。
確か,前回は,ちょうど我が家にネコがやってきた頃だったような・・・

今日は,コリンズの“ネコのバッグ”の代表格,『Sophistikit』です♪♪♪ 
3匹の知的なネコ様の登場です。


1匹目は,この子。『Sophistikit』(1966年)。
d0233898_16102711.jpg

全身ゴールドのネコさんです。
ゴールドの瞳,ピンと立てた尻尾・・・ 洗練されていて,賢そうですよね!?
d0233898_1613921.jpg

真珠の首飾りのような,首輪もよく似合っています。
d0233898_16144185.jpg



2匹目は,レアなブラックのウッドバッグの『Sophistikit』(1966年)。
水色のネコさんです。
d0233898_16162532.jpg

1匹目のネコよりも,小柄で華奢。
学者風イメージかな?(笑)
d0233898_16201440.jpg

何かを,じっくり考えているのでしょうか。
d0233898_16213099.jpg



3匹目は,シャムネコがモデル?な感じの『Sophistikit』(1964年)。
d0233898_16224859.jpg

黒の細い尻尾と,ブルーの目がとても印象深いネコ様です。
強いて言うなら,哲学者風でしょうか?^^ 思慮深そう・・・
d0233898_16242522.jpg

d0233898_16251663.jpg


贅沢に,3匹を並べてみました~
d0233898_1626489.jpg



最後に(恒例の?)我が家のネコ様。名前はありがちですが,“みゅー”に決まりました。
d0233898_16284769.jpg

かわいさでは負けませんが(笑),知的さでは,コリンズのネコ様に負けちゃうかな??^^;;



by kamakurabudda | 2011-09-06 16:32 | 動物 Animals

鳥のバッグ その3 ~gilded cage, bijou birds, glitter bird, Decoy

こんばんはー^^

今日はなんとなく「鳥のバッグ」をアップしたい気分・・・♪
ということで,ランダムに4つのバッグを選んでみました!


まずは,“金ぴかのカゴ”という意味の『gilded cage』
d0233898_2335070.jpg

とても美しいバッグ・・・
ですが,どこか,切ない気持ちにさせるバッグです・・・
タイトルからすれば,ケージの中の鳥がメイン?とも思えそうですが,堂々として美しく描かれているのはケージの外にいる鳥の方。
ケージの鳥には,ロードランナーのような自由さやコリンズのニワトリに見られるような雄雄しさはありません。自由を奪われ,どことなく悲しそう。
d0233898_2318338.jpg

金色のきれいなカゴと,自由を奪われてしまったその中にいる鳥・・・
その対比がなんともシニカルで,エニッド・コリンズらしい一面が出ているように思えるバッグです。
d0233898_23212126.jpg



次は,手放してしまったバッグになりますが,『bijou birds』
d0233898_23234067.jpg

ガラスビーズで彩られた8羽の小さな鳥たちが,共演しているバッグです^^
d0233898_23254918.jpg

手(羽)を広げていたり,お尻を振っているようだったり・・・
d0233898_2326443.jpg

踊っているみたいですよね~!!


お次のバッグは,『glitter bird』
d0233898_23295280.jpg

タイトルのとおり,中心の大きなクリスタルのビーズが印象的な鳥です。
d0233898_23314415.jpg

欲を言えば,お腹のビーズに若干くもりがあるので,状態のいいビーズに取り替えてあげたいなぁ~(笑)


最後は,鳥であって鳥ではない『Decoy』
d0233898_2337595.jpg

ナゾ掛けのようですが,“Decoy”とは,猟などで使う鳥の模型のことなので,
鴨の置物をイメージしていただければいいと思います^^
こういう鴨のお土産,なんか見たことがありませんか~???(笑)

ビーズがついていないバッグで,ペイントはとても絵画チックです。
d0233898_23393165.jpg


このバッグには,上蓋の鏡の周囲に色々な書き込みがなされていました。
d0233898_23413729.jpg

d0233898_2342244.jpg

「お父さんと楽しいときを過ごした」とか,「△△に旅行している」とか,「いつだと交渉できる」だとか・・・。何か,大事なことや記念にしたいことがあったとき,このバッグに書き留めていったものなのでしょう。
こういう持ち主との思い出を共有してきた証のあるバッグには,状態のいい使用感のあまりないヴィンテージバッグに対するのとは少し違う,なんていうか,慈しみ・・・のような感情を抱いてしまいます。
そういう思い出を含めて今私の下にやってきたこのバッグを,大事にしたい。
バッグの思い出を増やしてあげたい・・・
使命感?にも近いような,不思議な感情です。



by kamakurabudda | 2011-09-04 23:56 | 鳥 Birds

花のバッグ その5 ~flower basket (1)

台風で大変な1日でしたが,今日は台風とはおよそ無縁そうなこのバッグ・・・
『flower basket』です^^

『flower basket』はシリーズもので,ⅤかⅥ(たぶんⅤ)まであります。
そして,花のモチーフの代表格のバッグだと言えるのではないでしょうか。

とても親しみやすいデザインですが,花のデザイン,色使い,素材,組み合わせは本当に色々で,「えっ,こんな『flower basket』もあるんだ??」という発見もしばしば・・・

今日は,『flower basket』の第1弾として,5つのバッグを登場させます。


まず,最初は,『flower basket Ⅰ』
大きいキャンバスバッグの蓋付きデザインになります。
d0233898_22254627.jpg

蓋付きのバッグは,とてもクラシカルな感じになりますよね!
分厚いヌメ革の蓋なので,重量は2割増(笑)です。
d0233898_2230522.jpg

ところで,バッグのタイトルがよく書かれている左端にはこのバッグのタイトルがありませんが,どこに書かれていると思いますか?

じゃーん!ここでーす!!
d0233898_22333965.jpg

何も隠さなくたって~^^;; と思いますが,タイトル隠しなんておもしろいですよね!(笑)


次は,ローマ数字なしの『flower basket』。小さめのキャンバスバッグです。
以前に,オークションでお譲りしたものになります。
d0233898_22413916.jpg

これでもか!というくらい,バッグ一面にお花と葉っぱが散りばめられているデザイン。
d0233898_22415856.jpg



三番手は,一転して“黒”キャンバスの『flower basket Ⅳ』(1964年)。
少し横長のミドルサイズのキャンバスバッグです。
d0233898_22473385.jpg

黒に赤にゴールド・・・夜っぽい flower basket ですよね^^;;

このバッグ,つぼみ?にあたるグリーンの小さなビーズが,グリーンと黄緑の二色なんです!
d0233898_2255171.jpg

細かな配慮のビーズ使い!!
でも,そのおかげで黒地に緑がよく目立つと思いませんか?


そして,4番目の『flower basket』。こちらは,70年代製のウッドタイプのもの。
d0233898_22584816.jpg

つぼみの緑のビーズ,たくさんとれてしまっていますが;; ,こちらは単色使いです。
d0233898_2301920.jpg

白っぽいウッドに,パステル調のマットなビーズが可愛らしいバッグです^^


最後は,コーデュロイ地の珍しい『flower basket』。小さめバッグです。
d0233898_23589.jpg

他の『flower basket』とは,デザイン,色使いなどかなり違っています。蝶もいるし・・・
秋冬向けデザイン??(笑)
d0233898_2355964.jpg




by kamakurabudda | 2011-09-03 23:10 | 花 Flowers

太陽のバッグ その1 ~fiesta del sol (1)

久しぶりの,バッグの記事のアップになります^^;;

今日は,私の大~好きな「太陽」のバッグ――『fiesta del sol』
おそらく,テキサスの大地を照りつける「テキサスの太陽」がモデルなんでしょう・・・058.gif
見ていて,持っていて,とにかく元気の出るバッグではないでしょうか♪♪
ちなみに,「fiesta del sol」とは,スペイン語で「太陽のお祭り」という意味です。

本当は,8月――夏の締めくくりに登場させるつもりだったのですが,1日遅れで登場!


最初は,私のセカンドコリンズバッグのこちら。
『fiesta del sol』(1963年)です^^
d0233898_1214524.jpg

ゴールドのペイント,ゴールドのガラスビーズ,ゴールドのモール・・・
立派な口ひげに,着飾っている素敵な「太陽くん(王様?)」です。
額のゴールドのモールが,インディアンやメキシコの原住民の方々がつけている,羽飾りのバンドを模しているようにも見えますよね!?^^

タイトルのデザインも,なんだか弾んだ感じがします♪
d0233898_12244482.jpg



そして,デザインは全く同じながら,黒のキャンバス地の『fiesta del sol』(1963年)。
以前,私が「暑苦しい;;」とコメントしたバッグです(笑)
d0233898_12285072.jpg

d0233898_12295353.jpg


二つのバッグを並べるとこんな感じです。
同じデザインでも,黒と白とでこんなに印象が変わるんです。
d0233898_12312917.jpg

ところで,この2つのバッグは,ともに1963年に作られたもの・・・
63年製のバッグといえば,そう!
スパンコールがたくさん使われているものが多いんですが,このバッグ2つは,そういう意味では「普通」ですよね(笑)


お次は,小さいサイズの『fiesta del sol』。
d0233898_12454031.jpg

なんか,余裕たっぷり,高貴な感じの「太陽」です。
d0233898_12463463.jpg



そして,最後は,レアなウッドバッグの『fiesta del sol』(1967年)。
d0233898_1249041.jpg

d0233898_12514978.jpg

この太陽は,上の「太陽様」たちに比べて,ずっと親しみやすい感じの太陽です。
エニッド・コリンズのバッグには,『sol』(太陽)というタイトルのバッグもありますが,
そのデザインに似ているように思います。



by kamakurabudda | 2011-09-01 12:55 | 太陽・星 Sun・Stars

京阪ヴィンテージショップめぐり

所用で久しぶりに関西に来たので,大阪・京都のヴィンテージショップをぶらぶらしてきました~^^

大阪でのお目当ては,コメントを寄せてくださったRinさんご推薦の“lilasays”さん!
大阪はこれまで,梅田阪急や阪神百貨店に寄る他は乗換えくらいしかしたことがなかったので,結構ドキドキしながら(笑)大阪駅周辺を抜け,お店へ。

HPを見て素敵な感じだな~と思っていましたが,本当に素敵なお店でした♪

今現在お店にあるコリンズバッグは1点だけだったんですが,コーディネートが好み053.gif
トラッドっぽい服にソフトタイプの70年代コリンズのコーディネート♪
いくら好きでも,もって歩く場合にはキホン,コリンズバッグだけが目立つコーディネートは好きではないので,お店のディスプレイ,本当によかったです^^

ブローチで1つ,すごーく気になったのがあったのに買わないで出てきちゃって・・・
買わなかったことを,今,猛烈に後悔中です007.gif


お次は,京都へ。
京都へ来ると,いつも三条周辺のビンテージショップをハシゴするんですが,いざ今回も。

やはり,教えていただいたリヴァリーさんからスタートしました!
お店にはコリンズバッグも3,4点あったのに,こちらでは服に夢中に・・・^^;;

どちらもまた行ってみたいと思う本当に素敵なヴィンテージショップで,
素敵な情報を,本当にありがとうございました♪♪♪


その後,以前オークションで手放したバッグの行方を探しがてら別のショップに移動。
まだ二点,ありましたぁ~!!

いやあ・・・なんか他人の手で売られているのを見るのは,不思議ですね。
素敵にディスプレーされているのはとても嬉しいかったのですが,
とにかく,値段設定が(驚くくらい!)高くて高くて・・・

お高い子たちになっていました^^;;
なので,早く次の持ち主が決まるといいね・・・とひたすら願掛けして帰ってきました(笑)


今回の心残りは,神戸のお店に寄る時間がなかったこと。

ただ,お店めぐりはできなかったんですけど,明石駅のホームで50才前後くらいの奥様から
「かわいいバッグ~!!!」と突然声をかけられちゃいましたよ~!!!
東京では,あまりないことだったので,なんかとても嬉しかったです012.gif


今回,お供してもらったのはこのバッグ。『Owl + Pussycat』
携帯で撮ったので少しピンボケしていますが・・・;;
d0233898_2341821.jpg
d0233898_2344872.jpg
d0233898_2351375.jpg

ふた部分,使用感(ヴィンテージ感(笑))たっぷりなんですが,それは味として・・・



by kamakurabudda | 2011-08-28 23:21 | 情報(メンテナンス・パーツ他)

アメリカ,テキサス州出身の女流バッグデザイナー『Enid Collins』(エニッド コリンズ)をご存知ですか?
by kamakurabudda
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

最新の記事

掲示板

ただいま、ヤフオクにコリンズバッグ出品中です(結構出しました;;)!
よろしければ見てくださいね(ブログに登場済みのものもあります)^^

ヤフオクの出品者IDは,「kantatopanta」です。

なお、出品中のバッグについてのお問い合わせは、このブログのコメント欄からでも結構ですよ!



ブログ記事やコリンズバッグについてのコメント・要望などなど、いつでもお気軽にお寄せくださいね!!発信ばかりでも寂しいのでぜひ~^^;
更新していないときでも毎日ブログのチェックはしていますので、大丈夫で~す♪


このブログへのリンク、紹介等、大歓迎です^^
ただ、基本的に相互リンクでいきたいと考えていますので、事前にメールまたはコメント欄からご連絡いただけますと嬉しいです。

検索

ファン

My Collins&#39; ダイジェスト

www.flickr.com
kamakurabudda's items Go to kamakurabudda's photostream
トルコリラFX業者

フォロー中のブログ

最新のトラックバック

タグ

ブログジャンル

画像一覧